HOME

What's New(新着情報)

税理士の資格取得と簿記

いま人気の職業があります。それは何かと申しますと、税理士なんです。税理士になりましたら、将来的に自分の事務所を持つといった様な独立もできるようになっているんです。そういった面からも、税理士になるということが人気になっています。

しかし、税理士になるためにもかなり難しいとも言われています。そもそも国家試験に合格しなければ税理士にはなれないようになっています。合格率もかなり低めに設定されていますので、かなりの難関試験になっているということがいえるでしょう。しかし、専門の大学を出ていなければいけないといったような条件はありません。ですので、誰でも狙えるような資格にもなっています。少しでも興味がありましたら、勉強を始めてみるということがお勧めなのではないでしょうか。

そこでその税理士の資格の勉強についてなのですが、資格という面からでしたらまずは簿記の資格の勉強をされてみるということがお勧めです。それはどういったことかと申しますと、税理士の試験と簿記の試験についてなのですが、かなりのは荷が重なっているんです。簿記には4級、3級、2級、1級とあるわけなのですが、特に1級は税理士の試験と70パーセントが範囲が重なるといわれているんです。実際に、6月の簿記試験を受けまして、直後の7月の税理士試験にチャレンジして両方を突破しているかたもいらっしゃいます。ですので、まずは簿記の勉強から入りまして、1級程度の実力をつけたら、税理士の資格試験の対策に乗り出すということもお勧めでしょう。

HOME